ヘマトクリット

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液一般検査 > ヘマトクリット
本ページではヘマトクリットを解説しています。

ヘマトクリット

血液検査ヘマトクリットとは?
ヘマトクリットとは血液検査の一つで、血液中の赤血球の濃度を測定することです。ヘマトクリット検査は主に貧血の診断や輸血の有無を判断する時などに使用されます。
ヘマトクリットの基準値(正常値)
男性は38.0%〜50.0%で女性は34.0%〜45.0%
異常値の場合
ヘマトクリット値が高い場合は、血液の流れが悪くなり、多血症や脱水症などの疑いがあります。
一方でヘマクリット値が低い場合は貧血である可能性が高いです。貧血は鉄欠乏性貧血や溶血性貧血などがあります。貧血の種類はヘマクリット値の他に赤血球数、ヘモグロビン量から計算して種類を判定します。


スポンサードリンク

ヘマトクリット」では、
"血液一般検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液一般検査」をご参照ください。


血液一般検査一覧

« ぎょう虫検査 | ヘマトクリットこのページ | 血液像検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .