出血時間

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液一般検査 > 出血時間
本ページでは出血時間を解説しています。

出血時間

出血時間とは?
出血時間とは、体の耳たぶまたは腕から出血させ、出血から止血までの時間を測定する検査です。手術前に調べられる検査の一つでもあり、出血して血が止まりやすいか調べます。
基準値
2〜5分
止血時間が5分より長い場合
◆血小板の減少が原因の場合、再生不良性貧血、急性白血病、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)、重症肝機能障害などの疑い
◆血小板機能異常が原因の場合、血小板無力症、ベルナール・スーリエ症候群、尿毒症、全身性エリテマトーデス(SLE)などの疑い
◆その他が原因の場合、遺伝性出血性毛細血管拡張症(オスラー病)などの疑い
止血時間が2分より短い場合
脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす血栓症、ネフローゼ症候群、動脈硬化症などの疑い


スポンサードリンク

出血時間」では、
"血液一般検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液一般検査」をご参照ください。


血液一般検査一覧

« 血液ガス検査 | 出血時間このページ | プロトロンビン時間 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .