骨塩定量検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 頸部、骨、筋肉の検査 > 骨塩定量検査
本ページでは骨塩定量検査を解説しています。

骨塩定量検査

骨塩定量検査とは、主に骨粗しょう症の診断に使用される検査で、骨密度を測定します。検査部位は腕、腰、大腿です。
骨塩定量検査の大まかな流れ
骨密度測定装置で手首から肘にかけてX線スキャンを行い、同様に腰と大腿も行います。検査の所要時間は20分程度です。
骨塩定量検査で確認する病気
骨粗しょう症、副甲状腺機能亢進症、など


スポンサードリンク

骨塩定量検査」では、
"頸部、骨、筋肉の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「頸部、骨、筋肉の検査」をご参照ください。


頸部、骨、筋肉の検査一覧

« 筋電図検査 | 骨塩定量検査このページ | 血液一般検査って? »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .