筋電図検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 頸部、骨、筋肉の検査 > 筋電図検査
本ページでは筋電図検査を解説しています。

筋電図検査

筋電図検査とは、筋肉の異常を調べる検査で、筋肉の働きを電気信号(筋電図)で表して診断します。主に顔、上肢、下肢の筋肉の検査に使用されます。
筋電図検査の大まかな流れ
検査台に仰向けになり、検査する筋肉部分に細い電極針を刺しながら、検査します。針を刺すため、痛みを伴います。所要時間は20分程度です。
筋電図検査で確認する病気
進行性筋ジストロフィー症、重症筋無力症、多発性筋炎、皮膚筋炎、神経炎、筋痙攣、筋萎縮、脊髄腫瘍、筋萎縮側索硬化症など


スポンサードリンク

筋電図検査」では、
"頸部、骨、筋肉の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「頸部、骨、筋肉の検査」をご参照ください。


頸部、骨、筋肉の検査一覧

« 頸部CT検査 | 筋電図検査このページ | 骨塩定量検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .