骨シンチグラフィー

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 頸部、骨、筋肉の検査 > 骨シンチグラフィー
本ページでは骨シンチグラフィーを解説しています。

骨シンチグラフィー

骨シンチグラフィーとは?
骨シンチグラフィーは放射線同位元素(RI)を体内に投与し、体内から放出される放射線から骨の画像を撮影する検査です。なお、放射線同位元素は体内にほとんど害がありません。
骨シンチグラフィーの大まかな流れ
検査前にRIを静脈注射して、2時間後にシンチカメラで撮影します。撮影時は金属製のものは取り外し、10分程度で終了します。
骨シンチグラフィーで確認する病気
悪性腫瘍、骨折、炎症性疾患など


スポンサードリンク

骨シンチグラフィー」では、
"頸部、骨、筋肉の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「頸部、骨、筋肉の検査」をご参照ください。


頸部、骨、筋肉の検査一覧

« 関節造影 | 骨シンチグラフィーこのページ | 一般細菌検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .