膀胱尿道造影検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 腎臓と尿路系の検査 > 膀胱尿道造影検査
本ページでは膀胱尿道造影検査を解説しています。

膀胱尿道造影検査

膀胱尿道造影検査とは、尿道からカテーテル(細い管)を挿入して、そこから目的の部位に造影剤を注入して撮影を行う検査です。前立腺肥大症であるか前立腺がんであるかを判定するために使用される重要な検査です。検査部位は、前立腺、尿道、膀胱です。
膀胱尿道造影検査の大まかな流れ
尿道口から麻酔の入ったカテーテルを挿入し、そこから造影剤を注入しながら、尿道、前立腺、膀胱を撮影します。
膀胱尿道造影検査で確認する病気
前立腺肥大症、前立腺がん、尿道狭窄、尿道憩室、膀胱がんなど


スポンサードリンク

膀胱尿道造影検査」では、
"腎臓と尿路系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「腎臓と尿路系の検査」をご参照ください。


腎臓と尿路系の検査一覧

« 腎盂造影検査 | 膀胱尿道造影検査このページ | 腎血流シンチグラフィ検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .