膀胱鏡検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 腎臓と尿路系の検査 > 膀胱鏡検査
本ページでは膀胱鏡検査を解説しています。

膀胱鏡検査

膀胱鏡検査とは?
膀胱鏡検査は、尿道口から内視鏡を挿入して、膀胱内部を内視鏡で観察する検査方法です。膀胱内の観察では結石、腫瘍、炎症などの有無を調べて、腫瘍がある場合はそのまま組織を採取して続けて生検を実施することもあります。
膀胱鏡検査の大まかな流れ
排便・排尿を済ませた後、下着を脱いで検査台に上がります。男性の場合は尿道が狭くて長いために女性より苦痛を伴うことが多いため、局所麻酔を行います。検査は5分〜10分で終了します。
膀胱鏡検査で確認する病気
膀胱がん、膀胱結石、膀胱炎、前立腺肥大症、前立腺炎など


スポンサードリンク

膀胱鏡検査」では、
"腎臓と尿路系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「腎臓と尿路系の検査」をご参照ください。


腎臓と尿路系の検査一覧

« 腎生検 | 膀胱鏡検査このページ | ACTH試験 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .