腎生検

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 腎臓と尿路系の検査 > 腎生検
本ページでは腎生検を解説しています。

腎生検

腎生検とは?
腎生検は腎臓の一部組織を採取して、顕微鏡観察で腎臓の病状を詳しく調べる検査です。一般的に腎疾患が診断されている場合に検査が行われます。腎臓は左右にありますが、どちらか片方の腎臓を採取します。なお、採取方法は皮膚の上から針を刺して腎臓組織を採取します。
腎生検の大まかな流れ
うつぶせになって局所麻酔をした後に、背中に針(穿刺針)を差し込みます。このとき腎臓の位置を確認するために、超音波検査も同時に行われます。検査時間は約15分〜30分で、検査後は絶対安静となります。
腎生検で確認する病気
急性腎炎、慢性腎炎、腎不全、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症など


スポンサードリンク

腎生検」では、
"腎臓と尿路系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「腎臓と尿路系の検査」をご参照ください。


腎臓と尿路系の検査一覧

« 血中インスリン活性検査 | 腎生検このページ | 膀胱鏡検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .