PSP排泄試験

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 腎臓と尿路系の検査 > PSP排泄試験
本ページではPSP排泄試験を解説しています。

PSP排泄試験

PSP排泄試験とは?
PSP排泄試験とは腎臓の排泄機能を調べる検査です。PSP(フェノール・スルホ・フタレイン)という赤い色素を飲んで、尿中にどのくらい色素が排出されているかで排泄機能を調べます。
PSP排泄検査の大まかな流れ
検査方法はPSPを飲み、同時にPSPの注射を行います。その後、直後から15分後、30分後、60分後に尿を採取します。15分後の尿中のPSP量が25%以上だと正常です。
PSP排泄試験で確認する病気
腎炎、ネフローゼ症候群、うっ血腎、水腎症など


スポンサードリンク

PSP排泄試験」では、
"腎臓と尿路系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「腎臓と尿路系の検査」をご参照ください。


腎臓と尿路系の検査一覧

« 尿潜血検査 | PSP排泄試験このページ | 尿ビリルビン »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .