逆行性膵胆管造影検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 消化器系の検査 > 逆行性膵胆管造影検査
本ページでは逆行性膵胆管造影検査を解説しています。

逆行性膵胆管造影検査

逆行性膵胆管造影検査とは膵管と胆管に造影剤を注入して、X線撮影を行う検査です。すい臓がんなどの膵臓の病気の診断に広く使用されます。
逆行性膵胆管造影検査の大まかな流れ
咽頭麻酔した後、口から十二指腸へとファイバースコープを入れていきます。十二指腸入党部にファイバースコープが到達すると、そこから造影剤を注入し、X線撮影を行います。所要時間は30分程度です。
逆行性膵胆管造影検査で確認する病気
膵臓がん、慢性膵炎、膵嚢胞、膵奇形、胆管がん、胆管結石など


スポンサードリンク

逆行性膵胆管造影検査」では、
"消化器系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「消化器系の検査」をご参照ください。


消化器系の検査一覧

« 腹部CT検査 | 逆行性膵胆管造影検査このページ | 腹部血管造影検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .