胆嚢胆管造影検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 消化器系の検査 > 胆嚢胆管造影検査
本ページでは胆嚢胆管造影検査を解説しています。

胆嚢胆管造影検査

胆嚢胆管造影検査は点滴静注法とも呼ばれ、胆嚢や胆管のX線撮影検査です。胆嚢胆管造影検査は特に胆石や胆嚢がんの診断には欠かせない検査です。
胆嚢胆管造影検査の大まかな流れ
検査前日は胆嚢を造影する薬を飲み、検査当日は造影剤を点滴静注します。その後、X線で撮影します。検査時間は2時間半程度かかります。
胆嚢胆管造影検査で確認する病気
胆石、胆嚢がん、胆嚢ポリープ、胆管結石、胆道がん、慢性膵炎、膵頭部がんなど


スポンサードリンク

胆嚢胆管造影検査」では、
"消化器系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「消化器系の検査」をご参照ください。


消化器系の検査一覧

« 腹部超音波検査 | 胆嚢胆管造影検査このページ | 腹部CT検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .