消化器系の検査について

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 消化器系の検査 > 消化器系の検査について
本ページでは消化器系の検査についてを解説しています。

消化器系の検査について

消化器系の検査で確認する主な病気の項目には次のような病気があります。
【胃潰瘍】 胃に潰瘍ができること
【十二指腸潰瘍】 十二指腸に潰瘍ができること
【胆石】 胆嚢や胆管に石ができる病気
【脂肪肝】 肝臓に脂肪が付いている状態
【急性膵炎】 すい臓から出る膵液で自分のすい臓が消化される病気
【潰瘍性大腸炎】 大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができる病気
【食道静脈瘤】 食道に静脈が異常に拡張する病気
【イレウス(腸閉塞)】 腸が塞がった状態

これらの病気を検査するための脳神経系の検査には、次のようなものがあります。
上部消化管X線造影検査、下部消化管X線造影検査、上部消化管内視鏡検査、下部消化管内視鏡検査、腹部超音波検査、腹部CT検査、MR検査、腹部単純X線撮影検査、胆嚢胆管造影検査、逆行性膵胆管造影検査、腹部血管造影検査
※具体的な検査の解説は各検査のページをご覧ください。


スポンサードリンク

消化器系の検査について」では、
"消化器系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「消化器系の検査」をご参照ください。


消化器系の検査一覧

« 喀痰検査 | 消化器系の検査についてこのページ | 腹部単純X線撮影検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .