血中エラスターゼ検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 消化器系の検査 > 血中エラスターゼ検査
本ページでは血中エラスターゼ検査を解説しています。

血中エラスターゼ検査

血中エラスターゼ検査とは?
エラスターゼとは、膵臓で作られるタンパク質分解酵素で、動脈壁や筋肉の腱などに含まれているエラスチンを分解します。膵臓で作られたエラスターゼは特に血液中に多いため、膵臓の働きに異常がないかを調べる指標となります。
基準値
110〜410ng/dl(RIA法)、2.9〜19.2ng/ml(EIA法)
異常値の場合
急性膵炎や膵臓がんの疑いがあります。異常値が出た場合は、他の膵酵素の検査や腹部X線CT検査、内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査などを実施して確定診断が下されます。


スポンサードリンク

血中エラスターゼ検査」では、
"消化器系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「消化器系の検査」をご参照ください。


消化器系の検査一覧

« PFD試験 | 血中エラスターゼ検査このページ | 血中トリプシン検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .