肝生検

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 消化器系の検査 > 肝生検
本ページでは肝生検を解説しています。

肝生検

肝生検とは?
肝生検は肝臓組織を一部採取して、顕微鏡で細胞の異常を調べる検査です。顕微鏡で細胞を調べることで、肝障害の原因・進行度や黄疸の原因などが診断できます。なお、肝生検には腹腔鏡検下生検と盲目的肝生検の2種類があります。
肝生検の大まかな流れ
腹腔鏡下肝生検では腹腔鏡で肝臓を直接見ながら、組織を採取する方法です。腹腔鏡に入れるため、へその周囲に1cm切開する必要がありますが、安全な方法です。
盲目的肝生検では、注射針で皮膚から肝臓へ刺して肝臓組織を吸引する方法です。一般的に超音波検査で針を刺す部分を特定してから、検査を実施します。
肝生検で確認する病気
肝臓がん、肝硬変、慢性肝炎、黄疸など


スポンサードリンク

肝生検」では、
"消化器系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「消化器系の検査」をご参照ください。


消化器系の検査一覧

« 腹腔鏡検査 | 肝生検このページ | 肝シンチグラフィー »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .