超音波内視鏡検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 消化器系の検査 > 超音波内視鏡検査
本ページでは超音波内視鏡検査を解説しています。

超音波内視鏡検査

超音波内視鏡検査とは?
超音波内視鏡検査は超音波検査と内視鏡検査をあわせたもので、超音波検査でよく写せない消化管を、内視鏡で補って観察します。内視鏡はやわらかいグラスファイバーからできていて、先端には超音波を発信させるプローブがついています。それを消化管に挿入して内部から超音波をあてて画像化します。
超音波内視鏡で検査できる部位
消化管(胃、十二指腸、大腸、膵臓、胆道)及びその周囲の臓器を観察することができます。また、超音波内視鏡では粘膜下の状態も調べることができるため、ガンの深達度を調べるときに役立ちます。
超音波内視鏡で確認する病気
胃がん、十二指腸がん、大腸がん、膵臓がん、胆道がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎、膵炎など。


スポンサードリンク

超音波内視鏡検査」では、
"消化器系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「消化器系の検査」をご参照ください。


消化器系の検査一覧

« 直腸鏡・肛門鏡 | 超音波内視鏡検査このページ | 胃液分泌機能検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .