PFD試験

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 消化器系の検査 > PFD試験
本ページではPFD試験を解説しています。

PFD試験

PFD試験とは?
PFD試験と便中キモトリプシン測定は、膵臓の外分泌機能を調べる検査です。PFD試験は膵臓から分泌されるキモトリプシンという酵素で分解される物質PFDを投与して、投与後どのくらい分解されたかを調べます。この分解率で膵臓の機能を調べることができます。
PFD試験の大まかな流れ
まず早朝空腹時に採尿します。その後PFDが入った水を飲み、2時間後にまた飲みます。6時間は尿をがまんして、その後再び採尿します。
PFD試験の基準値
70%以上
異常値が見られる場合
70%以下の場合は慢性膵炎の疑いがあります。確定診断にはその他膵機能検査や画像診断が行われます。


スポンサードリンク

PFD試験」では、
"消化器系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「消化器系の検査」をご参照ください。


消化器系の検査一覧

« ALPアイソザイム検査(肝機能アイソザイム) | PFD試験このページ | 血中エラスターゼ検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .