ALPアイソザイム検査(肝機能アイソザイム)

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 消化器系の検査 > ALPアイソザイム検査(肝機能アイソザイム)
本ページではALPアイソザイム検査(肝機能アイソザイム)を解説しています。

ALPアイソザイム検査(肝機能アイソザイム)

ALPアイソザイム検査とは?
ALPアイソザイム検査は肝臓機能検査の二次検査として行われます。ALPアイソザイムは6種類に分かれていてALP1〜ALP6まであります。それぞれ体の特定の部位に存在しているため、ALPアイソザイムの種類から病気の手がかりをつかむことができます。肝臓はALP1とALP2、ALP3は骨から検出されます。
ALPアイソザイム検査の基準値
ALP2…38%〜71%、ALP3…29%〜62%
異常値が見られる場合
ALP1が高値の場合は閉塞性黄疸や限局性肝障害などの疑いがあります。ALP2が高値の場合は劇症肝炎、アルコール性肝障害、急性肝炎、慢性肝炎活動型、などの肝疾患や胆道系疾患などの疑いがあります。


スポンサードリンク

ALPアイソザイム検査(肝機能アイソザイム)」では、
"消化器系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「消化器系の検査」をご参照ください。


消化器系の検査一覧

« 肝シンチグラフィー | ALPアイソザイム検査(肝機能アイソザイム)このページ | PFD試験 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .