胸部単純X線撮影検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 呼吸器系の検査 > 胸部単純X線撮影検査
本ページでは胸部単純X線撮影検査を解説しています。

胸部単純X線撮影検査

胸部単純X線撮影検査とは、胸部をX線撮影することで肺の異常や心臓の病気などを診断します。単純X検査はは胸部を平面(または側面)で撮影しますが、断面として撮影する断層撮影検査もあります。
胸部単純X線撮影検査の大まかな流れ
検査着に着替えて、息を止めて胸部を撮影します。検査時間は3分程度で終了します。
胸部単純X線撮影検査で確認する病気
肺炎、肺結核、肺がん、肺膿瘍、胸膜炎、心肥大、縦隔腫瘍、胸腺腫瘍など


スポンサードリンク

胸部単純X線撮影検査」では、
"呼吸器系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「呼吸器系の検査」をご参照ください。


呼吸器系の検査一覧

« 呼吸器系の検査について | 胸部単純X線撮影検査このページ | 胸部CT検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .