肺機能検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 呼吸器系の検査 > 肺機能検査
本ページでは肺機能検査を解説しています。

肺機能検査

肺機能検査とは、スパイロメトリーという機器で呼吸する力を測定します。呼吸する力は肺活量、努力性肺活量、1秒量などで表され、肺活量が80%以下の場合は拘束性肺機能障害(肺の容量が小さくなった状態)、1秒率が70%以下の場合は閉塞性肺機能障害(気道が狭くなった状態)があると言われます。
肺機能検査の大まかな流れ
マウスピースを口に入れて大きく息を吸って吐いてという行為を繰り返し、肺活量を測定します。その後、大きく息を吸い吐くという行為で1秒量と努力性肺活量を測定します。所要時間は10分程度です。
肺機能検査で確認する病気
肺結核や肺線維症などの拘束性肺機能障害、肺気腫や気管支喘息などの閉塞性肺機能障害


スポンサードリンク

肺機能検査」では、
"呼吸器系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「呼吸器系の検査」をご参照ください。


呼吸器系の検査一覧

« 気管支内視鏡検査 | 肺機能検査このページ | アプノモニター診断 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .