気管支内視鏡検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 呼吸器系の検査 > 気管支内視鏡検査
本ページでは気管支内視鏡検査を解説しています。

気管支内視鏡検査

気管支内視鏡検査とは、口から気管へと内視鏡(レンズのついたファイバースコープ)を入れて、気管支の内部を観察する検査です。気管支内視鏡検査は肺がんの確定診断に使用される重要な検査です。
気管支内視鏡検査の大まかな流れ
唾液の分泌を抑える注射と咽頭麻酔を行った後、ファイバースコープを口から気管支へと通します。最初は不快感を感じますが、しだいに落ち着きます。検査時間は30分程度です。
気管支内視鏡検査で確認する病気
肺がん、肺結核、サルコイドーシス、肺線維症など


スポンサードリンク

気管支内視鏡検査」では、
"呼吸器系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「呼吸器系の検査」をご参照ください。


呼吸器系の検査一覧

« 胸部CT検査 | 気管支内視鏡検査このページ | 肺機能検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .