気管支造影検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 呼吸器系の検査 > 気管支造影検査
本ページでは気管支造影検査を解説しています。

気管支造影検査

気管支造影検査とは?
気管支造影検査は気管支のX線検査です。単純X線撮影では気管支はよく写りませんが、造影剤を注入することにより気管支をX線撮影することができます。
気管支造影検査の大まかな流れ
まず喉に麻酔がかけられます。麻酔後、ゾンデという細いチューブを口または鼻から挿入して、気管支に到達させます。ゾンデから造影剤を注入し、X線撮影を行います。
気管支造影検査で確認する病気
肺がん、気管支腺種、気管支拡張症、肺気腫など。なお、現在では気管支造影検査より気管支内視鏡検査を適用することの方が多いです。


スポンサードリンク

気管支造影検査」では、
"呼吸器系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「呼吸器系の検査」をご参照ください。


呼吸器系の検査一覧

« PET検査 | 気管支造影検査このページ | 肺血管造影検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .