胸部CT検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 呼吸器系の検査 > 胸部CT検査
本ページでは胸部CT検査を解説しています。

胸部CT検査

胸部CT検査とは、胸部にX線を照射し、CT(コンピューター断層撮影)で胸部の断層写真を撮る検査です。撮影方法には、単純撮影と造影撮影があり、一般的には病変がよりはっきり見ることができる造影撮影が行われます。
胸部CT検査の大まかな流れ
検査着に着替え、造影剤を注射してから息を止めて撮影を行います。検査時間は15分程度です。
胸部CT検査で確認する病気
肺がん、肺結核、肺炎、肺気腫、気管支拡張症、がん性胸膜炎など


スポンサードリンク

胸部CT検査」では、
"呼吸器系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「呼吸器系の検査」をご参照ください。


呼吸器系の検査一覧

« 胸部単純X線撮影検査 | 胸部CT検査このページ | 気管支内視鏡検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .