心筋シンチグラフィ検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 循環器系の検査 > 心筋シンチグラフィ検査
本ページでは心筋シンチグラフィ検査を解説しています。

心筋シンチグラフィ検査

心筋シンチグラフィ検査とは、放射性同位体元素を体に注入して断層を撮影し、心筋の働きや血流の度合い、障害の箇所を調べます。一般的にはSPECTと呼ばれる単光子放出コンピューター断層撮影で行われます。なお、放射性同位体元素は、微量であり、そのうえ尿中に排泄されるため、問題ありません。
心筋シンチグラフィ検査の大まかな流れ
放射性同位体元素(アイソトープ)を注射→シンチカメラを胸に近づけて撮影。
心筋シンチグラフィ検査で確認する病気
狭心症、急性心筋梗塞、心不全、心筋炎など


スポンサードリンク

心筋シンチグラフィ検査」では、
"循環器系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「循環器系の検査」をご参照ください。


循環器系の検査一覧

« 冠動脈造影検査 | 心筋シンチグラフィ検査このページ | 呼吸器系の検査について »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .