心臓カテーテル検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 循環器系の検査 > 心臓カテーテル検査
本ページでは心臓カテーテル検査を解説しています。

心臓カテーテル検査

心臓カテーテル検査とは、心臓にプラスチックの細いチューブを挿入する検査です。心臓カテーテル検査では、心臓の圧力、血液の酸素濃度、X線撮影などの様々な検査を行うことができます。
カテーテルを挿入する場所は?
カテーテルを挿入する方法には、肘の静脈または大腿部の静脈から挿入する右心カテーテル法と上腕の動脈または大腿部の動脈から挿入する左心カテーテル法の2種類があります。
心臓カテーテル検査で確認する病気
先天性心疾患、心臓弁膜症など


スポンサードリンク

心臓カテーテル検査」では、
"循環器系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「循環器系の検査」をご参照ください。


循環器系の検査一覧

« 心臓超音波検査 | 心臓カテーテル検査このページ | 冠動脈造影検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .