心臓超音波検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 循環器系の検査 > 心臓超音波検査
本ページでは心臓超音波検査を解説しています。

心臓超音波検査

心臓超音波検査とは、超音波を心臓に向かって発信して、反射された波を画像化し、心臓の形や動きを調べる検査です。心臓の形や動きから、心臓に異常がないかどうか調べます。
心臓超音波検査の大まかな流れ
上半身裸で仰向けになり、超音波発信器を心臓に向かって発信させます。検査時間や30分程度で終了します。
心臓超音波検査で確認する病気
心臓弁膜症、肥大型心筋症、狭心症、急性心筋梗塞、心筋症、心室中隔欠損症など


スポンサードリンク

心臓超音波検査」では、
"循環器系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「循環器系の検査」をご参照ください。


循環器系の検査一覧

« 負荷心電図検査 | 心臓超音波検査このページ | 心臓カテーテル検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .