循環器系の検査について

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 循環器系の検査 > 循環器系の検査について
本ページでは循環器系の検査についてを解説しています。

循環器系の検査について

循環器系の検査で確認する主な病気の項目には次のような病気があります。
【狭心症】 酸素や栄養の供給不足で引き起こされる心筋の状態(発作など)
【急性心筋梗塞】 狭心症より症状が悪く、心筋が壊死した状態
【心筋症】 心筋に関する原因不明の病気
【心筋炎】 ウイルスなどによる心筋の炎症
【心臓弁膜症】 心臓弁膜の異常
【不整脈】 脈が乱れる状態

これらの病気を検査するための循環器系の検査には、次のようなものがあります。
心電図検査、負荷心電図検査、心臓超音波検査、心臓カテーテル検査、冠動脈造影検査、心筋シンチグラフィ検査
※具体的な検査の解説は各検査のページをご覧ください。


スポンサードリンク

循環器系の検査について」では、
"循環器系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「循環器系の検査」をご参照ください。


循環器系の検査一覧

« 腰椎穿刺検査(髄液検査) | 循環器系の検査についてこのページ | 血圧検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .