脳シンチグラフィ検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 脳神経系の検査 > 脳シンチグラフィ検査
本ページでは脳シンチグラフィ検査を解説しています。

脳シンチグラフィ検査

脳シンチグラフィ検査とは脳核医学検査とも呼ばれ、放射性同位元素標識薬剤を体内に注入し、脳の変化を記録して診断する方法です。一般的にSPECTといわれる方法で行われますが、これは脳の血流を画像処理します。脳シンチグラフィは早期の脳梗塞を診断するときや、早期の痴呆診断に有効です。なお、体内に注入された放射性同位元素は尿中に排泄されるため、問題ありません。
脳シンチグラフィ検査のおおまかな流れ
検査台で仰向けになる→静動脈にアイソトープを注射→シンチカメラによる撮影
脳シンチグラフィ検査で確認する病気
脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血、痴呆など


スポンサードリンク

脳シンチグラフィ検査」では、
"脳神経系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「脳神経系の検査」をご参照ください。


脳神経系の検査一覧

« 脳波検査 | 脳シンチグラフィ検査このページ | 腰椎穿刺検査(髄液検査) »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .