脳血流シンチグラム

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 脳神経系の検査 > 脳血流シンチグラム
本ページでは脳血流シンチグラムを解説しています。

脳血流シンチグラム

脳血流シンチグラムとは、SPECT(RIを用いたCT検査)を用いて頭部の画像を撮影し、脳血流の異常を調べます。
脳血流シンチグラムのおおまかな流れ
頭部はマジックキャストといわれるもので固定されて、目隠しした状態で寝台に1時間ほど安静に保ち、検査が行われます。
脳血流シンチグラムで確認する病気
脳梗塞、てんかん、もやもや病、一過性脳虚血発作、アルツハイマー病など


スポンサードリンク

脳血流シンチグラム」では、
"脳神経系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「脳神経系の検査」をご参照ください。


脳神経系の検査一覧

« 頭部X線検査 | 脳血流シンチグラムこのページ | CPK »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .