眼底検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 脳神経系の検査 > 眼底検査
本ページでは眼底検査を解説しています。

眼底検査

眼底検査とは、眼底カメラや眼底鏡を使って、目の奥を観察して、視神経に異常がないか検査を行います。
眼底検査のおおまかな流れ
眼底は瞳孔の奥にあるため、瞳孔を開く目薬をさします。その後、眼底カメラや眼底鏡を使って目の奥を観察します。検査自体は数分で終わりますが、瞳孔を開く目薬が効いている間は、まぶしさを感じます。
眼底検査で確認する病気
眼底出血、網膜剥離、乳頭浮腫、視神経萎縮、動脈硬化症、高血圧症、くも膜下出血、糖尿病網膜症など


スポンサードリンク

眼底検査」では、
"脳神経系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「脳神経系の検査」をご参照ください。


脳神経系の検査一覧

« 神経超音波検査 | 眼底検査このページ | 頭部X線検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .