MRA検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 脳神経系の検査 > MRA検査
本ページではMRA検査を解説しています。

MRA検査

MRA検査とは?
MRA検査は磁気共鳴血管造影とも呼ばれ、血管の状態を立体画像で表示することができる検査です。MRIの原理と同様の原理で、磁気共鳴という物理現象を応用しています。なお、入院の必要もありません。
MRAの大まかな流れ
MRA検査前は金属製のものは取り外して、MRA装置のベッドに横になります。検査中は痛みもなく、数十分で終了します。
MRAで確認する病気
脳動脈瘤、閉塞性動脈疾患、脳動脈奇形など。検査の結果、脳血管障害の疑いがある場合は頭部血管造影などのさらに詳しい検査を実施して確定診断を下します。


スポンサードリンク

MRA検査」では、
"脳神経系の検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「脳神経系の検査」をご参照ください。


脳神経系の検査一覧

« 骨密度検査(骨量) | MRA検査このページ | SPECT検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .