白内障の検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 目・耳・鼻の病気 > 白内障の検査
本ページでは白内障の検査を解説しています。

白内障の検査

検査項目
眼底検査、細隙灯顕微鏡検査、視力検査
検査解説
白内障の検査には上記の検査が実施されます。細隙灯顕微鏡検査とは、眼球に光を当てて、特殊な顕微鏡で水晶体の断面を見ます。
病気について
白内障とは水晶体が白く濁る病気で、老人性白内障が多いです。老人性白内障は年を重ねていくと水晶体の新陳代謝が悪くなるためで、その他にも先天性白内障や目のケガでよって引き起こる白内障もあります。白内障の主な症状としては、視力の低下が見られます。


スポンサードリンク

白内障の検査」では、
"目・耳・鼻の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「目・耳・鼻の病気」をご参照ください。


目・耳・鼻の病気一覧

« 緑内障の検査 | 白内障の検査このページ | 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .