緑内障の検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 目・耳・鼻の病気 > 緑内障の検査
本ページでは緑内障の検査を解説しています。

緑内障の検査

検査項目
眼圧、眼底検査、視覚検査
検査解説
緑内障の検査には上記の検査が実施されます。急性緑内障の場合は、その他に角膜の濁りや目の充血などから見当がつきますが、慢性緑内障の場合は時間がかかります。
病気について
緑内障とは青そこひとも言われ、眼圧が高くなって目の障害を引き起こす病気です。緑内障の原因は眼球にの中にある隅角といわれる部位に異常が見られることで、眼圧が上昇します。緑内障となると、視力の低下、目の痛み、頭痛、嘔吐、吐き気などの症状がみられますが、この症状は急性緑内障にみられ、慢性緑内障の場合は自覚症状が少ないです。


スポンサードリンク

緑内障の検査」では、
"目・耳・鼻の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「目・耳・鼻の病気」をご参照ください。


目・耳・鼻の病気一覧

« 脳腫瘍の検査 | 緑内障の検査このページ | 白内障の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .