血小板減少性紫斑病の検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液の病気 > 血小板減少性紫斑病の検査
本ページでは血小板減少性紫斑病の検査を解説しています。

血小板減少性紫斑病の検査

検査項目
血小板数、血小板機能検査、血液像、骨髄穿刺
検査解説
血小板の減少を調べるために血小板数の検査やその他血液検査を実施します。また、血小板を作る骨髄を検査するために、骨髄穿刺を実施します。
病気について
血小板減少性紫斑病とは、出血を止める血小板が減少して止血されにくくなるため、出血した場合に紫の斑点が皮膚に出来る病気です。この原因としては自己免疫によるもの(特発性血小板減少紫斑病)と白血病などが原因で引き起こされる突発性血小板減少性紫斑病があります。


スポンサードリンク

血小板減少性紫斑病の検査」では、
"血液の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液の病気」をご参照ください。


血液の病気一覧

« 梅毒の検査 | 血小板減少性紫斑病の検査このページ | 乳がんの検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .