エイズの検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 感染症 > エイズの検査
本ページではエイズの検査を解説しています。

エイズの検査

検査項目
HIV抗体、X線、腹部超音波、白血球数、赤血球数
検査解説
HIV抗体はHIVに感染してから、6〜9週間で作られます。HIV抗体はこの期間以降に実施すると、感染の有無が分かります。エイズが確認されると、合併症の可能性を調べるためにその他上記検査が実施されます。なお、全国の保健所ではエイズの検査を無料で受けることができます。
病気について
エイズとは、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染することで引き起こされる病気で、免疫機能が破壊されます。感染する原因は3つあります。
@性交渉 A血液の接触 B母性感染


スポンサードリンク

エイズの検査」では、
"感染症"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「感染症」をご参照ください。


感染症一覧

« 肺結核の検査 | エイズの検査このページ | 淋病の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .