子宮がん

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 女性の病気 > 子宮がん
本ページでは子宮がんを解説しています。

子宮がん

検査項目
子宮細胞診、超音波検査、コルポスコピー
検査解説
子宮細胞診とは子宮の頸部や体部の細胞を顕微鏡で調べる検査で、コルポスコピーは子宮や膣を直接観察します。
病気について
子宮がんは近年発症年齢が低下傾向です。子宮膣部や頸管にガンができますが、原因ははっきりとは分かっていません。子宮がんの症状が進行すると不正出血や月経の遅延、そして下腹部の痛みや発熱へと進行していきます。


スポンサードリンク

子宮がん」では、
"女性の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「女性の病気」をご参照ください。


女性の病気一覧

« 乳がんの検査 | 子宮がんこのページ | 大腸がん »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .