子宮筋腫の検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 女性の病気 > 子宮筋腫の検査
本ページでは子宮筋腫の検査を解説しています。

子宮筋腫の検査

検査項目
X線、腹部超音波、子宮細胞診
検査解説
子宮筋腫といわれる腫瘍を調べるため、腹部超音波とX線を用います。更に子宮ガンの可能性を調べるために、子宮細胞診を実施します。
病気について
子宮筋腫とは子宮の筋肉にできる良性の腫瘍のことで、原因はまだ明確に分かっておりません(卵巣ホルモンの関与が考えられています。)子宮筋腫の症状では低色素性貧血、さらに進行が進むと、月経過多、月経痛、さらに進行すると便秘や頻尿などが見られますが、無症状の人もいます。


スポンサードリンク

子宮筋腫の検査」では、
"女性の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「女性の病気」をご参照ください。


女性の病気一覧

« 全身性エリテマトーデスの検査 | 子宮筋腫の検査このページ | 子宮内膜症の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .