全身性エリテマトーデスの検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 代謝・免疫系・内分泌の病気 > 全身性エリテマトーデスの検査
本ページでは全身性エリテマトーデスの検査を解説しています。

全身性エリテマトーデスの検査

検査項目
抗核抗体検査、赤血球、尿タンパク、X線、心電図、筋電図、脳波
検査解説
抗核抗体検査を実施し、抗体を調べ、その他上記の検査項目を実施して総合的に調べていきます。
病気について
全身性エリテマトーデスとは、顔に赤斑(エリテマ)や関節の痛み等といった症状が引き起こされる病気です。この病気の原因はまだ解明されておらず、厚生労働省の特定疾患に指定されています。症状としては上記の症状のほかに、発熱、疲れやすい、発疹、レイノー現象(寒い時に手先が白くなる現象)などが見られます。


スポンサードリンク

全身性エリテマトーデスの検査」では、
"代謝・免疫系・内分泌の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「代謝・免疫系・内分泌の病気」をご参照ください。


代謝・免疫系・内分泌の病気一覧

« 気管支ぜんそくの検査 | 全身性エリテマトーデスの検査このページ | 子宮筋腫の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .