慢性関節リウマチの検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 代謝・免疫系・内分泌の病気 > 慢性関節リウマチの検査
本ページでは慢性関節リウマチの検査を解説しています。

慢性関節リウマチの検査

検査項目
血沈、RAテスト、CRP、X線、ASO、赤血球、白血球、関節造影
検査解説
血液検査を実施し、手のX線撮影をして調べられます。また症状の進行度合いを調べるために、関節造影やCRPなどが調べられます。
病気について
慢性関節リウマチとは、関節の炎症やはれ、痛みなどの症状が表われる病気です。まだはっきりと原因は分かっていません。慢性関節リウマチとなると手指のこわばりから始まり、軟骨や骨が破壊されていき、関節に障害が起きるなどの症状へと進行していきます。


スポンサードリンク

慢性関節リウマチの検査」では、
"代謝・免疫系・内分泌の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「代謝・免疫系・内分泌の病気」をご参照ください。


代謝・免疫系・内分泌の病気一覧

« 痛風の検査 | 慢性関節リウマチの検査このページ | 花粉症の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .