痛風の検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 代謝・免疫系・内分泌の病気 > 痛風の検査
本ページでは痛風の検査を解説しています。

痛風の検査

検査項目
尿酸検査、血沈、GOT、GPT、CRP、ALP、白血球、赤血球
検査解説
尿酸検査で高尿酸であり、足の関節が赤くはれる、痛いと言った症状がみられる痛風に診断されます。
その他上記の項目も調べられる可能性があります。
病気について
痛風とは尿酸が多量に産出、あるいは尿酸の排泄が悪い状態となって、尿酸が関節に付着し、炎症を引き起こす病気です。痛風の原因としては、腎不全や飲酒、がん、利尿剤の長期使用などが考えられます。痛風となると関節に激痛が走るのが症状の特徴です。


スポンサードリンク

痛風の検査」では、
"代謝・免疫系・内分泌の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「代謝・免疫系・内分泌の病気」をご参照ください。


代謝・免疫系・内分泌の病気一覧

« バセドウ病(甲状腺機能亢進症)の検査 | 痛風の検査このページ | 慢性関節リウマチの検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .