急性腎炎の検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 泌尿器・性器の病気 > 急性腎炎の検査
本ページでは急性腎炎の検査を解説しています。

急性腎炎の検査

検査項目
尿タンパク、尿潜血、尿沈渣、尿比重、クレアチニン、BUN、ASO
検査解説
まず尿検査(尿潜血、尿たんぱく、尿沈渣、尿比重)が行われ、血液検査(クレアチニン、BUN)を実施します。ASOでは溶血性連鎖球菌の感染を調べます。
病気について
急性腎炎は主に鼻やのどに感染した溶血性連鎖球菌が、腎臓で炎症を引き起こします。急性腎炎の症状としては、むくみ、血尿、高血圧が主な症状で、子供がかかりやすいです。


スポンサードリンク

急性腎炎の検査」では、
"泌尿器・性器の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「泌尿器・性器の病気」をご参照ください。


泌尿器・性器の病気一覧

« 膀胱炎の検査 | 急性腎炎の検査このページ | 糖尿病の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .