膀胱炎の検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 泌尿器・性器の病気 > 膀胱炎の検査
本ページでは膀胱炎の検査を解説しています。

膀胱炎の検査

検査項目
尿細菌検査、尿沈渣、膀胱鏡、CRP
検査解説
膀胱炎は尿中の細菌検査と尿沈渣で診断可能です。膀胱炎の原因を調べるために膀胱鏡などの検査が実施されます。
病気について
膀胱炎とは、膀胱に炎症が引き起こされる病気で、急性膀胱炎の場合は膀胱内の細菌感染が多いです。その細菌感染する原因としては、尿のがまんやかぜや月経などで引き起こされる可能性があります。膀胱炎の症状は頻尿、排尿時の痛み、尿の濁りが主な症状です。


スポンサードリンク

膀胱炎の検査」では、
"泌尿器・性器の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「泌尿器・性器の病気」をご参照ください。


泌尿器・性器の病気一覧

« 膵炎の検査 | 膀胱炎の検査このページ | 急性腎炎の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .