NAGの検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 泌尿器・性器の病気 > NAGの検査
本ページではNAGの検査を解説しています。

NAGの検査

NAGとは?
NAG(N-アセチルβ-D-グルコサミニダーゼ)は前立腺や腎臓の尿細管上皮細胞に存在する酵素です。このNAGという酵素は尿細管に異常が生じると、尿中で高濃度で検出されるようになります。そのため、尿検査でNAGの濃度を調べると、尿細管や腎臓の異常を早期発見することができます。
基準値
7U/L以下
7U/Lを超える場合
尿細管や腎臓に異常があり、尿細管障害、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全、糖尿病性腎症などの疑いがあります。確定診断には、尿中ミクログロブリンなどの検査を行っていきます。


スポンサードリンク

NAGの検査」では、
"泌尿器・性器の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「泌尿器・性器の病気」をご参照ください。


泌尿器・性器の病気一覧

« 尿ビリルビン | NAGの検査このページ | ミクログロブリン »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .