膵臓がんの検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 消化器の病気 > 膵臓がんの検査
本ページでは膵臓がんの検査を解説しています。

膵臓がんの検査

検査項目
X線、腹部超音波、ERCP、腹部血管造影、MRI、エラスターゼ、血清アミラーゼ、CA19-9等
検査解説
膵臓がんの主な発見はX線や腹部超音波を実施です。更に詳しく調べる場合には、上記の他の検査項目を実施します。
病気について
膵臓がんは、食生活が主な要因であり、肉の食べすぎが引き金になりやすいと考えられています。膵臓がんの主な症状には、黄疸や背中の痛み、腹痛、倦怠感、下痢などがありますが、自覚症状が少ないです。


スポンサードリンク

膵臓がんの検査」では、
"消化器の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「消化器の病気」をご参照ください。


消化器の病気一覧

« 肝臓がんの検査 | 膵臓がんの検査このページ | 白血病の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .