肝臓がんの検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 消化器の病気 > 肝臓がんの検査
本ページでは肝臓がんの検査を解説しています。

肝臓がんの検査

検査項目
GPT、GOT、X線、AFP、CEA、肝生検、腹部超音波など
検査解説
肝臓ガンの検査には上記にあるように血液検査や腹部超音波などの様々な検査を実施します。
病気について
肝臓がんは、まだ明確にはその原因が特定されていませんが、肝炎ウイルスがおおきな要因ではないかと考えられています。肝臓がんの症状には、黄疸、発熱、疲労感、倦怠感、背中や腰の痛みなどが挙げられます。肝臓に関する他の病気(肝硬変や肝炎など)と区別がつきにくいです。


スポンサードリンク

肝臓がんの検査」では、
"消化器の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「消化器の病気」をご参照ください。


消化器の病気一覧

« 胃がんの検査 | 肝臓がんの検査このページ | 膵臓がんの検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .