胃がんの検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 消化器の病気 > 胃がんの検査
本ページでは胃がんの検査を解説しています。

胃がんの検査

検査項目
X線、上部消化管内視鏡、腹部超音波
検査解説
健康診断ではX線撮影が行われますが、そこで引っかかると、内視鏡検査や腹部超音波などの検査が行われて、胃がんの有無や進行状況を診断します。
病気について
胃がんはガンの中でも死因の上位にあたる病気です。胃がんの原因は遺伝子の損傷によって引き起こされますが、慢性胃炎や食生活のみだれ、ヘリコバクター・ピロリ菌などによって遺伝子が損傷される可能性があります。胃がんに見られる症状としては、特有の症状がありませんが下痢、便秘、倦怠感、疲労、血便などが挙げられます。


スポンサードリンク

胃がんの検査」では、
"消化器の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「消化器の病気」をご参照ください。


消化器の病気一覧

« 肺がんの検査 | 胃がんの検査このページ | 肝臓がんの検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .