膵炎の検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 消化器の病気 > 膵炎の検査
本ページでは膵炎の検査を解説しています。

膵炎の検査

検査項目
血清アミラーゼ、血糖、GOT、GPT、PFD試験、ERCP、腹部超音波、X線、BUN
検査解説
膵炎は血清アミラーゼと腹部超音波で見当がつきます。その他上記検査項目は必要に応じて実施されます。
病気について
膵炎とは膵臓からの分泌液により膵臓自身に炎症が引き起こされる状態です。原因としては胆石症が考えられ、激痛、発熱、嘔吐、吐き気、黄疸などの症状が引き起こされやすいです。症状としては慢性膵炎より急性膵炎の方が痛みがひどいです。


スポンサードリンク

膵炎の検査」では、
"消化器の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「消化器の病気」をご参照ください。


消化器の病気一覧

« 胆石症の検査 | 膵炎の検査このページ | 膀胱炎の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .