胆石症の検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 消化器の病気 > 胆石症の検査
本ページでは胆石症の検査を解説しています。

胆石症の検査

検査項目
腹部超音波、X線、GOT、LDH、胆嚢胆管造影、MRI、CRP
検査解説
胆石症の症状としては激痛が引き起こされることが多く、痛みが落ち着いてから検査を行います。検査では超音波検査で胆石を調べ、上記の他の検査は更に詳しく調べるために必要な検査項目を実施します。
病気について
胆石症とは、胆嚢や胆管に結石がある状態です。胆石症の原因は食生活のみだれ、代謝異常などが考えれられていますが、明確にはわかっていません。胆石症となると右側の腹部から肩に渡る激痛が走ることもありますが、一方で無症状の場合もあります。


スポンサードリンク

胆石症の検査」では、
"消化器の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「消化器の病気」をご参照ください。


消化器の病気一覧

« 胆嚢炎の検査 | 胆石症の検査このページ | 膵炎の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .