胆嚢炎の検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 消化器の病気 > 胆嚢炎の検査
本ページでは胆嚢炎の検査を解説しています。

胆嚢炎の検査

検査項目
LAP、ALP、X線CT、腹部超音波
検査解説
胆嚢炎は血液検査(LAP,ALP)と腹部超音波で病気の見当がつきます。必要な場合はX線が用いられます。
病気について
胆嚢炎とは、胆嚢に細菌が感染して炎症を引き起こす状態です。急性胆嚢炎の場合は、胆石が胆嚢に詰まることで引き起こされることが多いです。胆嚢炎の症状としては、腹痛、発熱、吐き気、黄疸などが引き起こされる可能性があります。


スポンサードリンク

胆嚢炎の検査」では、
"消化器の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「消化器の病気」をご参照ください。


消化器の病気一覧

« アルコール性肝障害の検査 | 胆嚢炎の検査このページ | 胆石症の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .