アルコール性肝障害の検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 消化器の病気 > アルコール性肝障害の検査
本ページではアルコール性肝障害の検査を解説しています。

アルコール性肝障害の検査

検査項目
γ-GTP、GPT、GOT、X線、肝生検、腹部超音波、肝シンチグラフィー
検査解説
アルコール性肝障害は問診をおこなってから、γ-GTPでアルコール性肝障害の判断を行います。診断を確定させるためにはその他検査が続けられます。
病気について
アルコール性肝障害とはお酒の飲みすぎにより肝臓機能に障害が起きる病気です。原因はお酒の飲みすぎで、長期間毎日の飲酒すると引き起こされ、肝臓に関する様々な病気を引き起こす原因となります。例えば、脂肪肝、肝繊維症、肝硬変、肝炎といった障害です。


スポンサードリンク

アルコール性肝障害の検査」では、
"消化器の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「消化器の病気」をご参照ください。


消化器の病気一覧

« 肝硬変の検査 | アルコール性肝障害の検査このページ | 胆嚢炎の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .