肝硬変の検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 消化器の病気 > 肝硬変の検査
本ページでは肝硬変の検査を解説しています。

肝硬変の検査

検査項目
γ-GTP、GPT、GOT、X線、尿ウロビリノーゲン、肝生検、腹腔鏡
検査解説
GOTやGPTといった肝機能検査を実施し、その他血液検査、X線などで肝臓の検査を実施します。
病気について
肝硬変とは肝細胞が硬くなり肝機能に異常が見られる病気です。肝臓ガンにもなりやすい肝硬変の主な原因としては慢性肝炎や飲酒が挙げられます。肝硬変では自覚症状がない場合もありますが、食欲減退、吐き気、腹痛、倦怠感等の症状が見られる可能性もあります。


スポンサードリンク

肝硬変の検査」では、
"消化器の病気"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「消化器の病気」をご参照ください。


消化器の病気一覧

« 慢性肝炎の検査 | 肝硬変の検査このページ | アルコール性肝障害の検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .